腸内環境を整えると肌荒れが解消される?

ニキビや吹き出物、かさつきなどの肌荒れが気になる方は、一度腸内環境が正常かどうか、疑ってみてください。
腸内環境とはどういったものでしょうか?
腸内には善玉菌と悪玉菌が棲んでいます。
善玉菌が優位になると、腸の働きを活発にし、腐敗物質を排出しやすい腸へと変えてくれます。
また、便秘を解消し悪玉菌の増殖を防ぎます。

しかし、ストレスや生活習慣、食生活の乱れにより、腸内環境が悪くなると、悪玉菌が優位になって十分な栄養が吸収されないうえ、不要な老廃物も排出さにくくなり、毒素となって体内に溜まってしまいます。
すると、ニキビや吹き出物などの肌荒れを引き起こし、便秘や免疫力の低下などトラブルを次々と引き起こしていきます。
最悪の場合、がんなどの生活習慣病を引き起こしかねない恐れもあります。
慢性の肌荒れの場合は、腸内環境を整えるよう心がけましょう。
善玉菌を増やすためには、餌となるオリゴ糖を積極的に摂取することをおすすめします。
ヨーグルトや飲み物に入れると美味しく摂取できます。

また、サプリメントなら忙しい方でも手軽に摂取できて便利です。
また、腸は第二の脳と呼ばれていてストレスが直接腸に影響しますので、うまく発散させてください。

1image

ニキビができるのは腸内環境が原因?

若い頃に体験するニキビは、ホルモン分泌の変動が成長によって急激になり、処理仕切れない皮脂分が毛穴に溜まってできるものです。
このような思春期のニキビは、10代から20代前半に多く発生します。

それとは別に20代後半から出始めるものは原因が異なります。
大人になってから発生するものは、主に皮膚の老廃物が原因です。
通常は腸内で処理される老廃物ですが、腸内環境が悪化している場合は処理しきれません。
処理しきれなかった老廃物は、血液に流れ込みます。
いつまでも体内に残しておくことはできないので皮膚から体外へ排出されます。
その時に皮脂分と結びつくことでニキビに変わります。
腸内環境が悪化すると免疫作用が低下し、老廃物を便として排出することができなくなります。
それが、大人になってから発生するニキビの原因です。

そのようなニキビを発生させないようにするには、腸内環境を整える必要があります。
具体的には、善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸を活発に保つことです。
適切に腸が働くようになれば、整腸作用で定期的な便が出ることになります。
老廃物が溜まりにくい腸内環境にして、ニキビを改善しましょう。

2image

腸内環境を整える食べ物にはどんなものがある?

腸内環境を整える食べ物といえばヨーグルトです。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、生きて腸まで届き、善玉菌を増やして悪玉菌を減らしてくれる効果があります。
ヨーグルトを摂取することで、腸内細菌のバランスが良くなり、腸内環境を健やかに整えることができます。
食後や、オリゴ糖を含む食べ物と一緒に食べると、より効果的でしょう。
食後は胃酸の分泌が弱まるので、乳酸菌が刺激を受けずに済み、腸内で生き抜く力が強くなります。

オリゴ糖を含む食べ物としてはバナナやリンゴなどがあります。
オリゴ糖が配合されている甘味料などもあります。
これらをヨーグルトと一緒に食べることで善玉菌を増やす効果が高まり相乗効果が期待できます。

ヨーグルトだけではなく、不溶性の食物繊維を豊富に含む果物や野菜、シリアル、大豆製品などにも腸内環境を整えるのに効果的です。
不溶性の食物繊維は、腸内で水分を吸収することで便のカサ増し、腸の蠕動運動が活性化されて排便をスムーズに促してくれます。
腸内環境が乱れていると、肌荒れや免疫力の低下、口臭の原因にもなりますので、乳酸菌を含むヨーグルトと不溶性の食物繊維を含む食べ物を積極的に毎日の食事メニューに取り入れて腸内環境を健やかに保ちましょう。

3image

りんごを食べると腸内環境が改善できる?

りんごはそのまま食べても、調理しても美味しい果物です。
昔から医者いらずと言われるほど多くの栄養素が含まれています。
りんごの皮に多く含まれているのが、ポリフェノールです。
このポリフェノールには抗酸化作用があり、がんを抑制する効果が期待できます。

その他にペクチンと呼ばれる水溶性食物繊維が多く含まれています。
このペクチンは、腸内環境の改善に良い影響を与えてくれます。
腸内の善玉菌の量を増やし、悪玉菌の増殖を抑えることで腸内環境を整えます。
善玉菌を増やすための栄養素の一つがペクチンです。
ペクチンが腸に届くことで善玉菌を活性化し増殖できる環境を作ります。
りんごはペクチンを多く含んでいるため、摂取すると善玉菌を増やすことにつながります。
このように腸内環境を良くする働きがあるため、体調がすぐれない時に、すりおろしたりんごを食べる習慣があるのしょう。

ただ、ペクチンは加熱すると効果が高まるので、焼きリンゴやアップルパイなどひと手間加えてから食べる方がいいでしょう。
ペクチンには、このほかにコレステロール値を下げる効果や血糖値を下げる効果もあると言われています。
こういったりんごの健康効果が、医者いらずと言われる理由でしょう。

4image

オリーブオイルはどういいの?

腸内環境が整えば、健康的な身体になるといわれます。
腸内環境が良い状態というのは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という腸内細菌のバランスが整っているということです。
バランスが良い状態では、便通がよくなり腸の蠕動運動も活発になります。

しかし、このバランスが崩れると便秘や下痢などを起こします。
便秘を解消するためには、乳酸菌の多いチーズや乳製品、味噌や醤油などの和食や、麹を積極的に摂り、良い菌を取り入れることが必要です。
さらには食物繊維も水溶性と不溶性のものをバランス良く摂っていくと良いでしょう。

また、水分をとることも大切です。
ここで力を発揮してくれるのがオリーブオイルです。
オリーブオイルは、腸にたまった老廃物を腸内にすべりやすくする潤滑油のような役割をはたしてくれるのです。
オリーブオイルを摂ることで、便通が改善することが分かっています。
食事や運動、水分もとりながらオリーブオイルも摂取することで便秘の解消もできますし、腸内環境もよくすることができます。
これは一時的でなく継続的にやっていくことが必要です。
適度な運動も取り入れると、より腸内環境の改善につながります。

5image

便秘が気になるならこちらのサイト

腸内環境の改善が期待できることを解説していきました。
ちなみに、腸内環境について調べるきっかけが便秘などで困っていることだったとしたら、今から紹介するサイトを見てみると良いかもしれません。
ここに載せるサイトは便秘のお茶についてのサイトです。